貯メダルはどこまでする?会員カードの枚数と使い方

こんばんは、AKです!

 

少しずつではありますが、営業再開する店舗が増えてきましたね

頑張れニッポン!

 

さて今回の雑記は、会員カードに関する話

 

会員カードのメリット

僕が住んでいる愛知県では等価交換が禁止されています、錬金術の法則をガン無視なワケです

この時点で、交換ギャップを少しでもなくすために会員カードが必須になってきます

 

養分であれど、負けないために最低限の努力は必要です

そうして作ったカードの数、なんと14枚♪

 

(5店舗分はなくしてました)

 

交換ギャップ対策の他にもポイントが貯まったり、等価地域でも余りメダルが無駄にならなかったりのメリットはありますからね

なんか主婦みたいなこと言ってますね(笑)

 

再プレイ上限と交換のタイミング

14枚もあるカードですが、ほとんど利用してないものが多いです

頻繁に使っているのは、自宅から1番近いマイホと月に数回行くサブホが2店舗で、たったの3枚のみ

 

この内、2つは無制限で貯メダルの使用ができるので、年に数回しか景品交換しません

残りの1店舗は、1日500枚の上限があるので、こまめに引き出す形をとっています

 

これは個人的な考えになりますが、無制限の店舗であれば、必要な時以外は一切交換せずに貯め続けるのが理想だと思います

下ブレすれば5000枚程度なんて瞬く間になくなりますし、趣味打ちがメインならば尚更です

 

実際に昨年は、2店舗分合わせて2万枚以上の備蓄があったんですが、たったの3ヶ月残り5000枚まで減らしたこともありましたし…

 

1日500枚までなどの制限があるのなら、万枚以上は貯める必要はない気もしますけどね

 

星矢とかGODなどの荒い機種を打っていると、万枚なんて1ヶ月でなくなることも…

(星矢だけはすぐ撤去してくれ)

 

小さいこともバカに出来ない

交換ギャップなんて気にしてない方が多いと思いますが、考えてもみてください

年間500万投資して25万枚の回収をしたとすると、交換率によって大きな差額が出来てしまいます!

 

事実、僕は去年の収支表では300Kのプラスだったのですが、ほとんどの収支を現金回収で計算していたため、余剰分が200K以上ありました

 

ちりも積もれば大和撫子ってヤツでしょうね、年間稼働日数110日前後の稼働だけでもこれだけの差が出ます

 

余談ではありますが、ポイントも年間でトータル300P以上貯まりました(笑)

1日に複数店舗を回ったり、ポイントだけ貯め(下見)に行った甲斐がありましたね♪

 

1Pが何円の価値になるのか知りませんが、うまい棒と交換できるお店もあるので3K貰えたようなものです

 

これも期待値ですよ!

 

倒産したら目も当てられない

もちろんリスクもあります

今の状況ではありえないとは言えないホールが倒産してしまうことです

 

僕の場合は、現在「マイホに2万枚以上」「サブホ2店舗に各5000枚以上」の貯メダルがあります

これが一気になくなる可能性があるわけです!

 

貯玉補償基金というのもあるのですが、これには注意が必要

  • 経営法人が返済不能と判断された場合のみ
  • 雑貨やカタログに交換は可能だが、現金や金券には一切できない
  • 1店舗につき5万枚が上限

などの不安な制限もある

 

AK
AK

3万枚分のカタログとか貰いたくもない

愛知は15日以降、本格的に営業再開し始めそうなので、レスキューには向かわねば!

5月いっぱいは自粛するぞー

 

今回はここまで

 

PUSHを押すと、次回…

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

 

 

雑談
スポンサーリンク
シェアする
AKスロ~この戦いが終わったら結婚するんだ~

コメント